三重医業経営サポートセンター

ホーム事務所概要サービス事例アクセスお問い合わせ
三重医業経営サポートセンター

三重 医業経営サポートセンターは、病医院の経営をトータルにサポートします!

貴院の課題に合わせたサービスをご提供いたします。
経営診断・戦略立案 各種経営改善支援 経理・税務合理化 医療法人設立・運営 組織活性化 プレミアム会計システム
経理業務の合理化で経営は強くなります

病医院経営診断の実施

病医院経営診断の4つの視点

1 現状把握 外部環境の現状と傾向の把握・分析
2 課題抽出 自院が保有する戦力と理想値とのギャップ分析
3 目標の明確化 病医院理念を達成できる「あるべき姿」の明確化
4 方針と計画の策定 未来を勝ち取るための基本経営方針策定

経営診断のステップ

STEP1 環境分析(診療圏環境分析 / 患者動向分析)
STEP2 経営・財務分析(医業収益・費用分析 / 資金運用・管理分析)
STEP3 診療機能分析(医療提供体制分析 / 医事業務適正度分析)
STEP4 組織運営分析(組織体制分析 / 管理者インタビュー)

くわしくはこちらから

勝ち残りのための戦略立案

経営戦略を策定する

病医院の経営戦略は自院の方向性を定める設計図になるものです。活動全体を取り巻く基本的枠組みを選択し、優先順位を決定します。経営戦略は基本戦略と行動戦略に区分できます。病医院のビジョンを実現するための経営戦略策定をサポートします。

中期方針の設定で経営の見通しを立てる

1年ごとの経営計画では、期間が短く実現できることは限られてしまいます。将 来の方向性をある程度予測したうえで、3〜5年後の中期方針を設定します。 「ビジョンの具現化」や「経営管理」「資金提供者への説明」を果たすための中期 経営計画の策定をご支援します。

年度経営計画の策定法

年度計画とは当該年度の実行計画のことです。下記の手順で設定を行います。
1 現状分析と経営課題の確認
2 年度経営方針の設定
3 年度経営目標の作成
4 年度経営計画の策定
5 月次計画への展開

くわしくはこちらから
経理業務の合理化で経営は強くなります

業績管理体制の構築支援

業績管理で収益の安定化

経営診断結果や既に自院が選択した経営戦略に基づき、具体的な活動を定める経営計画の策定と適切な予算実績管理を継続できる業績管理体制の構築を支援します。安定した経営体制の維持には不可欠な取り組みです。

経営戦略から業績管理体制構築へのステップ

ステップ1 病医院経営診断
ステップ2 病医院経営戦略策定
ステップ3 業績管理体制の構築・運用

くわしくはこちらから

収益改善支援

増益を実現する戦略を立てる

来院患者は多いのに、さほど収益が上がっていないという場合、「増収・増患」と「増点・増益」はイコールではないという認識が必要です。患者満足と収益向上を両立させるためには、「増点・増益」の発想で取り組むことが重要になります。

経費削減・経営改善の仕組みで増益を実現

収入と金額の大きな主要経費は発生主義で計上します。現金主義では2ヵ月のズレが生じるため、正しい数字の把握はできません。厳しい経営環境の中で正確な月次収支を知ることは、素早く適切な対応をするための第一歩といえます。 その仕組みづくりを我々がサポートいたします。

くわしくはこちらから

診療報酬適正化支援

診療報酬適正化で機会損失の撲滅

請求業務に精通したレセプトのプロが精査を行い、算定すべき項目の機会損失や算定可能な項目などを明示します。現行の施設基準をもとにランクアップ可能な項目について、そのための条件や見込める増収額など総合的に評価します。

レセプト漏れの仕組みを作る

診療報酬適正化の最大の目的は行われた医療行為がレセプトに漏れなく反映できる仕組みになっているかということです。診療報酬適正化支援では、情報漏れのリスクを洗い出し、適正なレセプト請求業務を構築することにより、医事課スタッフのスキルアップを可能にし、最終的に収益増加を実現します。

診療報酬適正化支援内容

STEP1 現状調査・現場ヒアリング
STEP2 レセプト診断/返戻・査定診断
STEP3 施設基準/情報伝達系診断
STEP4 診断報告/診療報酬適正化会議

くわしくはこちらから
経理業務の合理化で経営は強くなります

経理合理化支援

月次データの早期完成体制の構築支援

経理システムと経理業務の改善を図ります。発生主義による正確な月次決算を早期に完成させ、スピーディな経営判断をサポートいたします。

アウトソーシングによるコストダウン支援

経理業務は専門性の求められる業務です。慣れない経理業務で時間がかかっているという場合には、アウトソーシングもご検討下さい。専門スタッフが貴社の経理業務を代行、正しい会計データの作成とコストダウンも実現します。

的確な財務管理と業務効率化を実現

非効率な作業や重複作業を改善し、経理業務を見直します。また、営業や製造など現場部門との連絡体制を見直し、スムーズで正確な情報が経理部門に集約できる仕組みを作ります。

くわしくはこちらから

節税対策・税務調査対応

税務相談・節税アドバイス

税務に関するあらゆる相談にお応えします。貴社が抱えている税務の問題点や課題を分析し、解決に導きます。また、節税アドバイスから納税額予想まで、税務に関して、トータルに支援します。

税務調査の事前準備と改善指導

税務調査時の対応も万全です。経験豊かな専門家が、事前に貴社の経理内容を調査・分析し、万全の準備や改善指導を行います。税務調査後の「修正申告」や「更生の請求」への対応についてもお任せください。

くわしくはこちらから
経理業務の合理化で経営は強くなります

医療法人化申請支援

医療法人設立の流れ

医療法人化の申請には、期日の決まった各種書類の提出が必須となります。 各期日を考慮したスケジュールを定めることが重要です。また、医療法人の申請にあたっては、決めておかなければならない事項も数多くあります。 我々が、円滑な医療法人化をサポートいたします。

医療法人設立認可申請書類

医療法人の設立認可には、施設の概要書や定款、設立趣意書等、多くの書類が必要となります。大きなご負担のかかる申請書類作成をサポートいたします。

医療法人設立後の開設手続き

医療法人の登記・設立が完了した後には、諸官庁等へ各種届出・手続きが必要となります。こちらも提出期限が定められておりますので、登記完了後、速やかに行うことが必要です。書類の作成・お手続きについては我々にお任せください。

くわしくはこちらから

社会・特定医療法人申請支援

社会医療法人・特定医療法人の特徴

持分の定めのある医療法人、いわゆる経過措置型医療法人には、出資金リスクが潜在化しています。社会・特定医療法人への移行は、出資持分を放棄することにより、出資リスクを回避し、一方で税メリットを享受することができます。出資金リスクを回避することで事業承継・相続の不安を解消します。

申請から認定・承認までのスケジュール

社会医療法人、特定医療法人ともに、事前審査があり、訪問調査後に本提出をし、認定及び承認が下ります。実務に精通した専門家が事前診断から申請書の作成、所轄官庁との折衝等認定・承認までをサポートいたします。

社会医療法人の申請と指導ポイント

社会医療法人の認定をするためには、下記要件を満たすことが必要です。
(1) 社会医療法人の救急医療等確保事業に係る基準
(2) 社会医療法人の公的な運営に関する要件
(3) 社会医療法人の事業に関する要件
これらを踏まえた申請のご支援をさせて頂きます。

特定医療法人の申請と指導ポイント

特定医療法人の申請を行うためには、個別の要件をクリアする必要があります。 保険診療報酬の収入割合や経費に関する要件もありますので、注意が必要です。
我々が、特定医療法人の申請のサポートをさせて頂きます。

くわしくはこちらから
経理業務の合理化で経営は強くなります

人事賃金制度構築

人材を育てる人事制度を構築する

人材育成を組織的に行なうためには、役割基準を明確にします。公平な評価を可能にすることで、人材育成にもつながる人事賃金制度の構築を支援いたします。職員定着に向けた人事制度の見直しについてもご指導いたします。

病院人事賃金制度改訂のステップ

現行の人事賃金制度を見直し、新たな仕組みを構築することで、多くの効果が期待できます。賃金の適正配分のみならず、職員のモチベーション維持や理念・基本方針の浸透を促します。さらに、より高い目標達成に向けた職員個々の活動をご支援します。

くわしくはこちらから

労務トラブル防止対策

労務管理の現状と課題を把握する

医療機関は他業種と比べ、労働面での環境整備が遅れているところが比較的多く、表面化していないトラブルを抱えている可能性があります。職員と労務トラブルになれば、日常業務にも影響が出てしまうため、労務問題は医療機関にとって最大の経営課題だと認識し対策をとることが必要です。

原因別にみる労務リスクと個別対策

医療機関における労務リスクは、その原因別に8つに分類されます。それにより、未払残業代の支払や業務の効率低下、さらに社会的なイメージ低下などの損失が発生する可能性があります。その損失の大きさが予測不能であるため、防止するための個別対策を立てることが重要になります。

ルールブックの作成で労務トラブル防止

かつて労務トラブルといえば、事業主からの一方的な解雇や労働条件の不利益変更によるものが中心でしたが、最近では問題行動を起こす職員をめぐって生じるものも増えてきています。職場規律を守るため「職場ルールブック」を作成することが非常に有効になります。ルールブックの作成をサポートいたします。

くわしくはこちらから

階層別職員研修

医療現場の管理職研修

組織力の最大化のため、医療現場の管理職者は、組織における経営課題と役割を理解した上で、管理者として求められるヒューマンスキルを習得することが望まれます。医療現場の陣頭指揮を取る管理職クラスのヒューマンスキルを高めることに焦点を当てた院内研修を提供しています。

医療現場管理職ヒューマンスキル 研修プログラム

1 組織と役割の認識
2 自己認識と管理者としてのスキル向上
3 リーダーシップ論
4 問題解決とその手法
5 人材管理・育成

くわしくはこちらから
経理業務の合理化で経営は強くなります
月次業績を素早く確認したい
自院にあった経営管理の仕組みを構築したい
経営に役立つ情報がほしい
手軽な人材育成の方法を模索している
社長の経営参謀の特徴と概要
詳しくはコチラから   詳しくはコチラから
お問い合わせ・ご相談はこちら

▲ページトップへ